フラット35なら自己資金ゼロでも借りられるという裏話!

フラット35の審査に通るには、頭金はどれくらい必要なのでしょうか。
本来、フラット35は、住宅の建物、土地の資金が対象ですから、10割融資を申し込んだとしても、諸経費分は自己資金から支払うことになります。
しかし、自己資金ゼロでもフラット35を利用して、住宅を購入することは可能なんです。
これは、裏話的なものですが、併せ融資、フラット35プラスといったよばれ方で、物件そのものの必要資金以外の資金を同時に借り入れすることが出来るのです。
もちろん貸してくれるのは、住宅記入支援機構ではありません。
提携のローンを同時に利用出来るようにすることが出来るのです。
金利は、フラット35よりも若干高めになりますが、諸経費も数十万円前後発生しますし、借りられると助かりますね。
フラット35S金利優遇1%ナビ - 条件比較ランキング